サルミアッキと一緒

アクセスカウンタ

zoom RSS サルミアッキ 作り方 香料の自作

<<   作成日時 : 2011/12/25 18:10   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

※実際にやってみることはお勧めしません。

サルミアッキを食べた人によると、「八角のにおいがする」との事だったので、近所のスーパーのスパイス売り場で八角(スターアニス)を購入。

においをかいでみると、本当にサルミアッキのにおい(正確には、サルミアッキを口に入れるとじわじわと広がってくるにおい。サルミアッキは口に入れなければ焼けたゴムの匂い)
これは多分、サルミアッキに香料としてアニスが使われているせい。スターアニスは正確にはアニスでは無いけれど、成分的には同じで代用品としても使われるらしいので、今回はこれを香料として使うことにする。

でも、スターアニスの精油というのがそこら辺では売っていない(田舎なので)ため、というか、売っている精油は口に入れてはいけないので、それっぽいものを自作してみる。
スターアニスというのはカンゾウほど作用が強くないみたいなので、大量に使用しなければ大丈夫だろう。たぶん。

30mL容の瓶(ガラス製、密封できるもの、消毒しておく)
無水エタノール(薬局で売ってる)
スターアニス 4個くらい
精製水

無水エタノール40mLに水を加えて100mL とし、40度のアルコールを調製する。40度くらいのウオッカでも多分大丈夫。
ガラス製の密封できる瓶にスターアニスを砕いて入れ、調製したアルコールを瓶の肩くらいまで注ぐ。
蓋をして冷暗所で2週間漬け込む。
フィルターペーパー(コーヒー用)でろ過し、ガラス瓶に入れて冷蔵庫で保存。

つーか、フランスのリキュールにスターアニスとリコリスを使ったリカールというのがあるらしいので、これを使ったほうが手っとり早いかも。
味見したらほぼサルミアッキ酒の味だった。
これを食前酒に飲むフランス人の味覚が信じられなくなった。

画像

ついでに、乾燥バジルの葉も少しだけサルミアッキに近いにおいがするので、同様に漬け込んでみた。


※おまけ※

せっかくのクリスマス更新なので、フィンランド語の「サンタが街にやってくる」。フィンランドなので「やってくる」の部分が「出発する」になってるけど。

歌詞の内容は「サンタはずっと監視しているのだから、泣いたりわめいたりしても無駄」
おはようからおやすみまで、あなたの暮らしを見つめるあの組織を思い出した。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルミアッキ 作り方 香料の自作 サルミアッキと一緒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる