サルミアッキと一緒

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤバい白い粉

<<   作成日時 : 2014/10/25 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の掩体壕関連で、戦時中は掩体壕だけでなく、飛行場以外の場所に飛行機を隠したりしていたそう。

で、そんな場所の1つが当時JKだった父方の祖母の実家の前だということで、本人に当時のことを聞いてみる。

「ばあちゃんの家の前に大きなカシワの木があってね、そこに帯広の森から人力で運んできた飛行機を隠して、兵隊さんが毎日整備をしにきていたんだよ。」

今のイトーヨーカドーがあるあたりだそう。帯広の森からだと結構距離があるけど人力って、まあ戦時中だし。

「種類はわからないけど、小さい飛行機だったねえ。」

戦闘機?


「ばあちゃんの母さん(曾祖母)は息子(祖母の兄、大伯父。南方に送られる途中に輸送船ごと撃沈されたらしい)が兵隊にいっていたからかねえ、兵隊さんがくると何もない時代だったけど、必ず食べるものを出していたよ。」

「あるとき、その兵隊さんが粉せっけんをくれたことがあってね、そのころはもう粉せっけんなんてすごい貴重品だったからばあちゃん達はびっくりしてね、どこにしまったら良いか困って、結局庭に穴を掘って埋めたんだよ。


新たな知見:物資不足が極まると粉せっけんがヤバい白い粉にクラスチェンジする。
埋めた後でどうしたのかは聞くの忘れた。

「戦争が終わって、兵隊さんが故郷の広島に帰るっていうんで、いなきびでお餅をつくって持たせてたねえ。」

いなきび:きび(もちきび)のこと。最近だと健康食品だけど、昔はあくまで米の代用品で貧乏くさいイメージがあったとのこと。
画像

今も「とかちむら」とかで十勝産いなきびが買える。トウモロコシに似た風味。
地元情報誌が公開しているいなきび動画。



「ばあちゃんの実家は広さはあったから、そこで地域の竹槍訓練もやっていたんだよ。」

ばあちゃんがJK竹槍使いだったというあまり知りたくなかった事実。
ていうか、帯広で青竹は育たないので竹槍の一番の特徴である「調達が容易」というのが意味をなしていないんじゃ…と思ったけれど戦時中のことなので突っ込まないことにした。だって戦時中だもの。
参考

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤバい白い粉 サルミアッキと一緒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる