サルミアッキと一緒

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近Tyyne姐さんでお腹いっぱいなので、北欧フィンランド関係をお休みして南米コロンビアの話

<<   作成日時 : 2011/06/05 18:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 なんでコロンビアかというと、この春まで英語を教えてくれていた方がコロンビア(都市部)出身だったから。いまは故郷へ帰られましたが(別に震災とは無関係)。
いろいろ興味ぶかいことも聞けたので忘れないように書いておく。
画像


 ちょっと前に話題になった、コロンビアにおける通学方法について。 



「いや、これ、コロンビア人でも都市部の人は全然知らなかったし。ていうか、コロンビアでもテレビでヨーロッパ人によるレポートが放送されて知られるようになったし。」 
 

 ちなみに、その番組の放映後、コロンビア政府はこの移動方法を使う人達に滑車とハーネスを支給したとのこと。
 彼によると、規模は小さいけど、似たような体験ができる場所もあるらしい。途中で引っかかると大変厄介なことになるようだが。

コロンビアではアリを食べるのか?(参考記事、引用元カラパイア

「食べないから。それは一部の地域の珍味だから。自分も食べたことないから。」 
 
 リンク先の記事では「一般的」と書かれているが、そうではないらしい。
 ネットは便利だけど、実際に聞いてみないとわからないことも多い。

 その他いろいろ聞いたことを覚えている範囲でまとめると、

・コロンビアは文化的にはスペインに近い。
(言語はもちろん、闘牛、サングリアなどがある)

・麻薬とかそういうのはここ10年くらいでだいぶ良くなった。
(だいぶ前に日本の新聞で、コロンビアは今後成長が見込める南米の国という記事を見た)

隣国の大統領が個性的すぎて困っている
(コロンビアは親米のため、反米のチャべス【現在独身】に目の敵にされているそう。それについてのコロンビア人の見解は「チャべスさんは女っ気がなくてイライラしているんだよ」)

あと、彼に聞かれて返答に困ったこと

「なんで日本の男の人は飲み会でおっぱいのことしか話題にしないの?毎回コロンビアのおっぱい事情について聞かれるんだけど、僕はそんなのわからないよ。」

とりあえず謝っといた。
そこら辺は大和男子の外国へのあこがれというかなんかそういうのだと思う。
参考:南米パラグアイおっぱい
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近Tyyne姐さんでお腹いっぱいなので、北欧フィンランド関係をお休みして南米コロンビアの話 サルミアッキと一緒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる