サルミアッキと一緒

アクセスカウンタ

zoom RSS 化物の戦争―フィンランド語版ヘルシング裏表紙の説明文より

<<   作成日時 : 2011/04/01 19:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

この記事にはヘルシング(平野耕太/少年画報社)9巻のネタばれがあります。

 ヘルシンキにある大型書店、アカデミア書店にはMangaが棚2面分くらいおいてあった。
(半分がフィンランド語版、あとは英語版)
で、フィンランド語版Mangaの棚で目立っていたのがヘルシングだった。
 丁度最新刊として9巻が発売されたところだったらしく、9巻は平積みになっていた。
 元々ヘルシングは好きなマンガだったので、試しに9巻だけ購入。
 それにしても、ヨーロッパでナ○スっていいのかしら…と思ったけど、空港の売店でもヘルシングが売っていたのであんまり気にしてないのかもしれないがよくわからない。
(注:フィンランドは第二次大戦中、ナ○スドイツと共闘していたが、単にソ連が嫌いなのでナ○スと組んだだけであって、ソ連との単独講和の際、その条件が国内からのナ○ス撤退だったために容赦なくナ○ス追い出し開始。その結果、ナ○スが多く駐留していたラップランド地方ではナ○ス掃討にかなりの犠牲を出している。
現在サンタクロース村として有名な某都市では、街の9割が破壊されつくした。言いかえれば破壊されつくしたので町おこしとしてその後サンタクロース村になった)

画像

 大きさなどは日本版と変わらないが、カバーが最初から無いため、カバー裏のアレが無くなっているのが個人的に残念(9巻では『動物のお医者さング』と「最後の大隊」が作られた衝撃の理由について)。
 おまけのページも日本語版では作者の手書き文字だったところが、フィンランド人によってきちんと手書きフィンランド語になっている。内容も日本語版そのまま(ヤサコのためにテレビの前で全裸正座とか、ヒストリエの歌〜スキタイ人音頭〜とか、広島を統一したあと全世界を統一したすごいヤクザとかもそのまま)
 これらを律義に翻訳し、全て手書きで書いたフィンランド人のことを思うと、色々複雑な気持ちになる。
 ていうか、ここまでの内容なら全巻買えばよかった。特に少佐の演説が載ってる4巻。

以下フィンランド語で独断と偏見によるヘルシング9巻名台詞
(フィンランド語は基本的にローマ字読みです)
画像


Hirviön kukistaa aina ihminen.
Ihminen voi sen tehdä!
化け物を倒すのはいつだって人間だ
人間でなくては いけないのだ!!


※下段を直訳すると、「人間はそれを成し遂げられる」

Etsi ja tuhoa......palvelijani!
Määräykseni eivät ole muuttuneet!
Murskaa joka ikinen meitä uhmaava voima!
Jauha tomuksi jokainen este tieltämme!
見敵必殺(サーチアンドデストロイ)だ!!従僕!!
私は命令を下したぞ!! 何も変わらない!!
我々に敵対するあらゆる勢力は叩いてつぶせ!!
全ての障害はただ進み押し潰し粉砕しろ!!


※Etsi ja tuhoa で見敵必殺の意。
読み方は「えっつい や てゅほあ」

Olipa vastassa kuka hyvänsä!
それがたとえ 誰であっても!!


Olet pelkkä kakara!
Täsmälleen samanlainen ruipelo kuin 60 vuotta sitten.
No. Anna tulla räkänokka!
お前は餓鬼だ
60年前から何一つ変わっていない瘦せっぽちの餓鬼だ
さあ、おいで糞餓鬼!!


Mimulla ei ole mitääm.
Sillä olen vain ihminen.
私には何もない
なぜなら私は人間だからだ


Luke Valentine on elpynyt! Luke Valentine on elpynyt!
ルークバレンタイン復活ッッ!!ルークバレンタイン復活ッッ!!


Juo tämä!(sokerivettä)
飲むんだッ(砂糖水)


※上2つは元ネタほぼそのままですね。

Hooi,hakkaan päätäni seinään PAM PAM ja imitoin ambulanssia PII PAA!
(Se on Adachin murretta ja tarkoittaa Hei taas pitkästä aikaa!)
「はーい、頭をガンッガンぶんなぐりながらウーウー口で言って救急車のモノマネ―」
(足立区の方言でおひさしぶりの意味)


※Adachin murrettaで足立区の方言の意味。

Aah, välimeri, välimeri
はぁー地中海地中海


※『ヒストリエの歌〜スキタイ人音頭〜』は、ヒラコーらしくて個人的には好きなのだけれど、
歌詞がひどすぎるので書けない。ので、最後の合いの手だけ。
もちろん、「ひどすぎて書けない」部分も実際にはばっちりフィンランド語に翻訳されてる。

Turha sivuhahmo,joka varmaan esiintyisi Alicesoftin Erogessä TMS.
多分アリスソフトとかのエロSLGとかに出てくるザコキャラ


※Turha sivuhahmo ザコキャラ(直訳すると、使えない脇役)
Erogessäは「エロゲの中に」の意。AlicesoftinはアリスソフトAlicesoftの属格形。エロゲメーカーの名前の属格形+ Erogessäで「○○のエロゲに」となる。
例:ニトロプラスのエロゲに→Nitropluksen Erogessä
(ニトロプラスNitroplusだと語尾が母音+子音になるから格変化はたぶんこうなるとおもうけれどいまいち自信がないのであくまでネタとして)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
化物の戦争―フィンランド語版ヘルシング裏表紙の説明文より サルミアッキと一緒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる